クリスマスに彼女に振られました!コンプレックスにならない方法

クリスマス 彼女 振られた

クリスマスに彼女に振られてしまったアナタへ

もう女なんてニ度とこりごりと思わないように、インターネット上にある彼女との別れを乗り越えた人の意見を集めて、別れの乗り越え方を調べてみました!

世間で言われる男女の違いを比較して、女子っぽい意見を書けるように勤めてみました。

スポンサーリンク



女は感情の生き物なのでタイミングがわからない


まず初めにクリスマスで彼女に振られるのは毎年多発している出来事であって、アナタだけがそういった目に会っているわけではないということは検索数という数字でも証明されています。クリスマスに彼氏に振られる女性もいます。

数字で出ているからって、だからって納得できるわけでもないんですね

『どうしてクリスマスなんてイベントに別れ話すんだよ…』と思っているかもしれません。もしくはショックで寝込んでいるかもしれません。

せっかく彼女のためにプレゼント必死に選んでいたかもしれません。デートコース決めて、彼女のリクエストに応えようと一生懸命プランを練っていたかもしれません。

そんな背景があるからこそクリスマスに別れ話は相当きついものがあると想像します。辛かったと思います。

女性はそもそも感情的な生き物なので、別れ話だろうと浮気を疑う発言だろうと、そう思ったその瞬間、大人しい女性なら感情がヒートアップした時に発言します。

クリスマスだろうと、受験前だろうと、大切な商談の前だろうと、葬式だろうと、状況は関係ありません。感情がマックスの時に発言します。感情が軸なので感情が高ぶった時、不安な時、寂しい時、とにかく感情が軸で発言します。

ですので『クリスマスに言わなくても…』と思った人がいましたら、別れ話が出たクリスマスがたまたま彼女の感情が最高に高ぶっている時で、その数カ月前から彼女は二人の関係についてくすぶり始めていたのだろうと想像します。

スポンサーリンク



失恋の痛みをコンプレックスにしないためには


それではクリスマスに彼女に振られたけどコンプレックスにせず、失恋を乗り越えた人の声をあつめてみました!

・男が失恋ぐらいで泣くな!強くなれってメッセージだ!
・いい男になって見返してやればいい
・失恋は人生経験
・イイ男になってもう一度告る
・振られた原因は己にある
・失恋は肥やし
・後悔先に立たず、恋愛はそんなもの
・来年のクリスマスはいい思い出にする
・原因を論理的に分析しない。分析しても女心は理解できない
・落ち込む男はダサいからとにかく強がる
・寝る、とにかく寝る
・とりあえず、いったんその場は話を受け止めて立ち去るに限る。変な動きはしないほうが得策
・女の言葉は意味がわからないから深く考えないほうが良い


などなど、男性的な答えがたくさん出ているように感じます。男性は基本分析思考なので女性とはやはり違いますね!女性は感情で振りますが、男性は振られた原因を分析しようと考えるみたいです。

女性は何を考えているのかわからないという男性は多いと思いますが、女性自身も自分が何を考えているのか定まっていない人が多いので、振られた場合は特に気にしない方がいいようにも思います。

まとめ


調べてみるとクリスマスに限らず、振られると傷ついてしまう男性はたくさんいるということです。男性は記憶に残ってしまうのですね。

女性と比べると、女性は別れた場合次に行きましょう!なんてコメントをたくさん見かけますが、男性の場合は別れの時の対策や解決策を述べているようなコメントを見かけます。

女性のただの感情を一生懸命解決しようと分析してしまうので、男性はコンプレックスになりやすいのかと思いました。女性は自分でも何を考えているのかわかっていない人が多いのでコンプレックスになる必要はないと思います!

せっかくのクリスマスを楽しく過ごしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ