ボジョレーヌーボーはまずい?理由や2015年の味予想も

ボジョレーヌーボー2015

今年もボジョレーヌーボーの季節がやってきました!

毎年キャッチコピーやらなんやらと盛り上がるこのイベント。もう馴染みのイベントになりつつありますが、一方で『ボジョレーヌーボーやまずい』なんて声も

いったいどうしてボジョレーヌーボーは毎年そんな評論を受けるのでしょうか?まずいと言われる理由や2015年の味予想を2014年の感想から比較して予想してみました!

スポンサーリンク



ボジョレー2014を飲んだみんなの感想ピックアップ


まずは2014年の味の感想をピックアップしてみました!

・う~ん酸味が強い
・香りがいい(笑)
・初めてだったけど美味しかった!ボジョレーは賛否両論あるけ合わせる料理によっても変わる
・まずい…
・酸味が強い
・3本あけた
・なんだかイベントが楽しい
・ボジョレーの味わからないけどイベント好きだから買う
・すっぱいぶどうジュース
・ワインの美味しさがわからないから何とも言えない。
・はじめて飲んだ
・初体験。生ハムと食べたらおいしかった。
・なんだか大人になった気分で嬉しかった
・鍋と合わせて食べた
・ボジョレーは、美味しいかはわからない
・すっぱい
・ツンとしてる
・初物に弱いから味とか関係なしに買っちゃう
・イベントとして楽しめるから好き

などと言った感じです。ツイッタ―上などを見てもボジョレー初心者の方のコメントが多いように感じました。

ボジョレーをイベント行事として楽しむ人が多く、ボジョレーからワインを知って楽しんでいくという方もいるそうです。ボジョレーの味に関してはやはり、収穫したばかりの物なので酸味が強いという意見が多いですが

それで決してワイン嫌いになるという訳ではなく、イベント自体を楽しんでいてワインを知っていき、ワインに合う料理を知っていくという流れが出来あがっているようです。

ですのでボジョレーの影響はワインを知らない若者にとても大きい影響を与えていることは間違いないといえると思います。

スポンサーリンク



まずいって言われる理由や原因は


ボジョレーヌーボーはその年の獲れたてのぶどうで作ったワインになります。

ワインとは通常寝かせれば寝かせるほど味に深みをまし、美味しくなり高級と言われる品物になるのですが、ボジョレーヌーボーは収穫したばかりのブドウで作ったワインなので、美味しいという観点からは少し違う見方をしないといけません。

その年のブドウの出来を確認するためなので、美味しいとか美味しくないではなく、いい出来か、期待できない出来かを見るのですが、世間では美味しいや美味しくないで判断されてしまうのですね。

獲れたてなのでフレッシュだなんて言われたりもしますが、ワインという観点から見た場合は酸味が強く『まずい』と言われてしまいます。

2015年の味予想をしてみました


2015年の味予想をしてみました。

ここ数年、出来が悪いのが続いていますが2015年はどうなるのでしょうか?

一部では今年は『バランスの取れた味わい』なんて表現されていますがww

毎年ボジョレーの出来と一緒に出されるキャッチコピーが話題ですが、今年はバランスです。

ただ最近、不作続きでしたので今年こそは巻き返しを願って、キャッチコピーのバランスを信じてみたいと思います。

まとめ


ワイン好きの人から見たらボジョレーはあまり好まれないそうですが、イベントとして見たら皆のネタになります。

みんなで楽しむ会を開くにはもってこいですね。

最近は手の出しやすいペットボトルのボジョレーもたくさん販売しています。楽しみの一つとして見て見るのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ