ボジョレーヌーボーの意味は?値段の相場や賞味期限についても

ボジョレーヌーボー 意味

気が付いたら毎年盛り上がっている『ボジョレーヌーボー』

日本でも大きなイベントの一つとなりました。だけど何となくボジョレーってイベントだから買ってるという人は多いと思います。

そこでボジョレーヌーボーの意味や、値段の相場、賞味期限など基本的なことを調べてみました!

スポンサーリンク



ボジョレーヌーボーの意味は?


197-2

ボージョレ‐ヌーボー《「ヌーボー」は新しいものという意味》その年の秋季に、フランスのボージョレで収穫されたブドウ(ガメイ種)で造られる赤ワインの新酒。


ちなみにボジョレーは日本が一番人気が高いそうです。

値段の相場は?


最近はペットボトルの容器に入った500円前後の品物から1万円程する高級な品物まで存在します。

どの値段の商品を買えばいいの?という事ではなく、値段によって品質が違います。高級なワインはやはり品質がいいです。なので自分がまずはどのワインを飲んでみたいのかという考えで購入するのがいいのではないかと思います。

初めてボジョレーを飲む人や、イベントを楽しむ目的の人は1,000円前後のペットボトルの商品を購入する事が多いかもしれません。もしくは品質のいい3,000円前後の品物を購入するかもしれません。

ワイン好きで知識のある拘り派の人は3,000円以上から10,000円前後の商品を購入することが多いと思います。これは商品に対する知識と普段からワインを飲んでいるかの違いによるものだと思います。

スポンサーリンク



賞味期限はあるの?


ワインなどのアルコール類は基本的に賞味期限はありません。

ですが商品によって異なり、アルコールの中でもたまに賞味期限が記載してある商品もあります。この記載してある賞味期限は、食品のように商品自体がダメになって食べれなくなるという期限ではなく、アルコールを美味しく飲める期間と捉えたほうがいいそうです。

美味しく飲める期間がある商品はパッケージに記載されているので、チェックするといいでしょう。美味しく飲める期間をすぎるとお酒自体が変色したり、高級ワインの場合、保存方法が悪いとコルクがボロボロになってとても飲める状態ではなくなりますがアルコールなので『腐る』という観点とは違ってきます。

ただボジョレーヌーボーの場合は収穫したばかりのワインなので、味も深まっておらず、なにしろ旬な季節物なので、できるだけ早く飲みきってしまうことをお勧めします。

飲みきれない場合は料理酒として使用するもの一つの方法です。

まとめ


日本でもこれだけ盛り上がるイベントなのでボジョレーヌーボーでワインを知っていく方は多いと思います。

ワイン好きの人からしたら『ボジョレーは違う』なんて意見もありますが、ワインを知っていくきっかけであることには変わりないので、これをきっかけに楽しみを一つ増やすのもありではないかと思います。

ワインは知っていけばいくほど奥が深く、味わいも深いため『もっと早く知ればよかった!』なんてことになるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ