「5月病かもしれない…」症状や治し方と かからないための予防策も

五月病 症状 予防策
新しい環境になり、いざ新しい生活!

あれだけ楽しみだった新生活、春の日差しも温かくなって晴れやかになるはず…

と思いきや、なんだか気分がのらないんだけど。。

うまく説明できないけれど、気持がのってこない感じ…これってもしかして?

「5月病」かもしれません。

5月病の症状や治し方、予防策を調べてみました。

気持のモヤモヤを乗り越えて楽しい毎日をすごせるようにと遠くから願います。

スポンサーリンク



5月病とは


まずは5月病について

5月病とは
4月の新しい始まり、新しい学校、新しい会社、一人暮らし、新学期、新境地など
新しい始まりに対する期待の高さとは反対に環境になじめない人が精神的に
うつっぽい症状になること。この症状で病院に行くと「うつ病」「適応障害」と診断されるとのこと。

女性でいうならPMSの症状と少し似ているかもしれません。

ボーっとしちゃう時間が増えたり、なんだか精神的にモヤモヤしたり、迷いが出たり、不安になったりなどなど

精神的な部分が多くを締めているのが5月病の特徴ですね。

症状や治し方


5月病の症状としてあらわれるのが

・モーレツに学校や会社に行きたくない
・働きたくない
・行ってもまったく気力がわかない
・やたらとマイナス思考
・何をやっても元気がまったく出ない
・疲れてただただボーっとしてしまう
・とにかく何もしたくない

という「説明のできない疲れ」という精神的な部分と、季節や環境の変化などによる体の疲れというのが症状になります。

とにかくやる気が出てこないのが5月病の症状です。

わかっているんだけど、なんだか…という言葉にもできないような症状。

5月病 治し方

治し方については、十分な睡眠と栄養補給、そしてリフレッシュを行うこと。

睡眠が足りていない人は十分な睡眠をとましょう。そして栄養をしっかり摂取しましょう。普段の忙しさから食事を疎かにしている場合は、食事にも気を付けることがおススメです。

またリフレッシュに関しては、自分が好きな事をやるのがポイント。読書が好きな人は読書を楽しんでみたり、運動が好きな人は運動をしてみたり、もしくは前々から行きたかった旅行にでかけるのも気分がガラリと変わるのでおすすめです。

そんな時間がないというアナタは、上を向いて行動するだけでも気持の上がり方が違いますのでお試しあれ!

スポンサーリンク



かからないための予防策


予防策としては、まずは考え方をかえるのも方法の一つ。

気温や環境の変化があると慣れるまでに気持の浮き沈みがあるのは当たり前なので、

まずは自分を責めすぎないことが始まりです。

そしてあらかじめリフレッシュするスケジュールを組んでおくこと。

5月前後は浮き沈みするとわかっているなら、あらかじめリフレッシュのスケジュールを組んでおき

そこまでは頑張ると自分に言い聞かせてみたりなど

自分の変化と上手く付き合っていけるのではないでしょうか?

元気な人に元気を貰いに行くのも楽しいですよ。

笑いは元気を作りだすので、ライブを見に行ったり、家から出たくない人は楽しい映画やお笑いのDVDを借りて見たり

「元気」は以外と身近にたくさんあるので是非探してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ