新入社員の「心得」って?上司や先輩に可愛がられる後輩になる方法

新入社員 心得
新入社員として会社に向かうとき。

初めての会社に勤めるから緊張の連続かもしれません。

そこで新入社員として入社するには可愛がってもらえる方がとってもいいんです。

また上司や先輩に可愛がってもらえる後輩になるためにはどうしたらいいのか?

心得などまとめてみました!

スポンサーリンク



日本はまだまだ縦社会


縦社会とは役職、階級などの上下で判断される社会のことです。

縦社会と聞くと「めんどくさい」「なんでこんな上司に頭下げないといけないのか」などなど

たくさんの不満が出てきますがそれは間違っていません。

最近は実力主義だの、個人は個人という考え方がありますが、

その考え方も間違っていません。

結局両方とも間違っていないので、自分はどのタイプなのか、もしくは両方美味しいところ取りをして、どちらの環境に行っても柔軟に対応できる術を持つ、賢い後輩になるのが最善の策のなのではないかと

ただ日本はまだまだ縦社会の風潮が強く残っています。

外資系の会社に入るならば実力主義の一面がありますが、その中でも人間の判別を役職や階級でする場合は大いにあります。

ですので縦社会が残っているなら残っているで、可愛がって貰える人間になることはとても大切であり、

自分にとっても仕事のしやすくなったりとラッキーになるので若い新入社員の間は頭の柔らかさを存分に生かすことがいいのではないかと思います。

スポンサーリンク



先輩や上司に可愛がられるための心得


可愛がられる後輩として言われている要素について調べてみました!

可愛いがられる新入社員の特徴
・謙虚
・素直
・明るい
・反論しない
・無理をしすぎない自分でいる

ネット上のコメントや意見をまとめてみると、この要素が多く挙げられています。

謙虚で素直な人は先輩や上司の言うことをすんなり受け入れることができ、

元気な明るさは、周りも明るく照らすことができます。

そして反論しない。これはとても大きな要素になります。

たとえ先輩や上司が間違ったことを言っていたとしても、反論しない姿勢は可愛がられる要素の一つだそうです。

難しいですが、これができるようになると成長する人とみなされて可愛がって貰えるとのこと。

最後の無理をしすぎないというのは、頑張りすぎて無駄に明るく振る舞ってしまったりする人についてとのこと。

周りが心配してしまうため、一生懸命が空回りして映ってしまうことがあるそうです。

あくまでも無理をしすぎず、仲良く心を開いて先輩や上司に可愛がってもらいたいですね!

まとめ


まだまだわからない社会で、可愛がってもらうのは大変だったり、しんどくなってしまう時があるかもしれません

ですが社会で身に付けたコミュニケーション能力は一生ものです!

コミュニケーションが上手な人は、上司や先輩だけでなく、取引先そしてプライベートまで全て上手くいくための方法です

会社に勤めるのは、それが学べる手段だと思い、ぜひいっぱい可愛がって貰ってみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ